1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

7L 大阪ガスケミカル ピニー 家庭用 油性塗料 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性 キシラデコール 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性,大阪ガスケミカル,油性塗料,キシラデコール,家庭用,ピニー,7L 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性 大阪ガスケミカル 油性塗料 キシラデコール 家庭用 ピニー 7L 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性 大阪ガスケミカル 油性塗料 キシラデコール 家庭用 ピニー 7L 7L 大阪ガスケミカル ピニー 家庭用 油性塗料 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性 キシラデコール 50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性,大阪ガスケミカル,油性塗料,キシラデコール,家庭用,ピニー,7L

50年以上の実績が語るプロが認めた仕上がりと耐久性 大阪ガスケミカル 油性塗料 キシラデコール 家庭用 ピニー 7L




















屋外木部用(保護・着色)
油性 高性能
防腐・防虫塗料
Xyladecor
木目が見える浸透タイプ
フクレやワレがおこらない
文化財の使用実績が豊富

特長
●日光や風雨に強い耐候性顔料の効果で鮮明な色が長持ち、長期間木材を保護します
●木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作りません。木の通気性を保つため木の呼吸を妨げないので塗膜のフクレ、ワレがおこりません
●ハケ捌きが良く塗りムラになりにくいので、仕上げが簡単です
●また、塗膜を作らないので、塗り替えの際もごみやほこりを落とすだけで上塗りすることができるなど、メンテナンス性に優れています
●木材の内部に浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮します
●外部機関の各種試験で安全性を確認しています
※防虫の対象はヒラタキクイムシなどの木材害虫です。シロアリ、アリ、ハチなどは対象外です
※立地条件や周辺環境、建物の構造などにより、早期に塗装面の退色・変色ならびにカビ、木材害虫、木材腐朽菌などによる汚染、加害を生じる場合があります

発売以来50年以上の実績を持つ木材保護塗料の定番ブランド。多くの採用実績が高い防腐・防カビ・防虫効果を証明しています
「木を守る」「木を彩る」
日光や雨・害虫・カビなどの外敵から大切な木材を長期間守ります。数々の文化財や公共施設などに採用実績があります。多彩なカラーバリエーションでイメージ通りの仕上がりに

用途
●屋外木部用
●羽目板・下見板・破風・窓枠・門扉・ウッドデッキ・戸袋・窓格子・雨戸・ヌレ縁・鼻かくし・フェンス・ルーバー・パーゴラ・ガーデンファニチャー・ログ材・木橋の高欄・ドア・軒天・ベンチ・ラティス・ウッドプランター・木柵など
※公共の建物、大型建築物から文化財まで、メンテナンス間隔の長いもの、長期にわたって維持、管理が必要なものに多数の実績があります
※試し塗りで明らかに塗料が浸透しにくい被塗装材への塗装はお控えください
※南洋系硬質材などへの塗装は浸透しにくく、乾燥遅延が起こる可能性がありますのでご注意ください
必ず試し塗りを行い、確認してから塗装してください。乾燥が著しく遅い場合は、塗装をお控えください
【南洋系硬質材の例】イペ、チーク、ジャラ、アゾベ(ボンゴシ)、アサメラ、セランガンバツ、ウリン(ベリアン)、マサラン デューバなど

※キシラデコール(#120やすらぎ)は業務用として販売しております。 家庭用は、キシラデコール白木やすらぎとなります
家庭用と業務用は容器デザインが異なりますが、塗料の中身は全く同じです

標準塗装仕様
工程:下塗り・上塗り
塗料:キシラデコール(#102~#116・#120)
使用方法:ハケ塗り(スプレー塗装不可)2~3回塗り
標準使用量:0.15~0.20L/平方メートル(5~7平方メートル/L)(2~3回塗りの合計量)
塗り重ね乾燥時間:12時間以上
備考
乾燥は約24時間
低温・多湿時3日以上
塗装時の木材含水率は、18%以下を標準とします。

1)キシラデコールカラレス(#101)は有色仕上げ時(#120やすらぎ除く)の着色ムラ防止に下塗り剤としてご使用ください。ただし、樹種(針葉樹・広葉樹など)によっては着色が薄くなることがありますので、必ず試し塗りにより仕上がりをご確認ください。標準使用量0.05~0.10L/平方メートル(10~20平方メートル/L)(1回塗り)、キシラデコールを上塗りするための塗り重ね乾燥時間2~6時間
2)標準使用量は、被塗材の種類(新材・古材)、樹種(針葉樹・広葉樹など)、塗装面、含水率、材のひび割れなどで異なることがあります。
3)塗り重ね乾燥時間は、気温20℃、湿度65%、木材含水率18%の条件を示します
4)以下の場合は乾燥遅延を起こすことがありますので、ご注意ください
湿度が高い場合、低温の場合、塗布量が多すぎる場合、下塗りが未乾燥のうちに重ね塗りした場合、塗料が浸透しにくい木材に塗装した場合、換気が不十分な場合
乾燥が不十分な場合には、降雨などによって塗料が流れ落ちる可能性がありますのでご注意ください。塗装後未乾燥のうちに降雨が予想される場合は、塗装箇所に応じた適切な養生をしてください
5)公共建築工事標準仕様「木材保護塗料塗り(WP)」で使用する場合はキシラデコールの容量(L)に比重を掛け重量(kg)換算してください。
(例)16L(缶)×0.85(平均比重)=13.6kg(比重は色によって若干異なります)

塗り面積(2回塗り):約23~35平方メートル(タタミ約21枚分)

塗装上の注意
1.顔料が缶の底に沈殿していることがありますので、使用前によく缶を振り、角棒などでかき混ぜてください。使用中もよくかき混ぜてください
2.吸い込みムラの出やすい木材で、着色ムラおよび塗り継ぎムラが気になる場合は、無色のキシラデコールカラレス(#101)を下塗りしてから有色のキシラデコールを2回塗装することをおすすめします。この場合、上塗りの色が薄く仕上がることがありますので、必ず試し塗りで確認してください
【吸い込みムラの出やすい木材の例】合板、集成材など
3.ベンチ、ベランダ、ウッドデッキ、バルコニーなどの平面部位は摩擦による色落ちが早いため、塗り重ねをこまめに行ってください。また、色落ちにより衣服を汚すおそれのある部位への塗装は、乾燥後ウエスなどで乾拭きしてください
4.雨天の日、多湿時(相対湿度85%以上)、または低温時(5℃以下)の塗装はお控えください
5.色見本と仕上がりが異なることがありますので、試し塗りで仕上がりを確認してください
6.試し塗りで明らかに塗料が浸透しにくい被塗材への塗装はお控えください
7.南洋系硬質材などへの塗装は浸透しにくく、乾燥遅延が起こる可能性がありますのでご注意ください。必ず試し塗りを行い、確認してから塗装してください。乾燥が著しく遅い場合は、塗装をお控えください
【南洋系硬質材の例】イペ、チーク、ジャラ、アゾベ(ボンゴシ)、アサメラ、セランガンバツ、ウリン(ベリアン)、マサランデューバなど
8.雨水や積雪などにより水分が滞留しやすい部位は、比較的短期間に色落ちする場合がありますので、こまめなメンテナンスを心掛けてください
9.キシラデコールやすらぎ(#120)はUVカット(白色)顔料を含むため、完全な透明ではなく少し白っぽく仕上がります。また、浸透しにくい木材は、表面に顔料が残り白っぽさが目立つことがありますので、試し塗りにより仕上がりをご確認ください。特に、褐色系硬質材や含水率が高い木材への塗装では経時により徐々に白っぽさが増し、塗装後半年以内で白っぽさが目立つことがありますのでご注意ください
【褐色系硬質材の例】イペ、チーク、ジャラ、アゾベ(ボンゴシ)、アサメラ、セランガンバツ、ウリン(ベリアン)、マサランデューバ、ケヤキなど
10.ワックス及び塗膜のついている塗装面には、キシラデコールは塗れませんので、必ずサンドペーパーなどで完全に取り除いてください
11.キシラデコールカラレス(#101)は、有色キシラデコールの下塗り剤として設計されており、防腐・防カビ・防虫成分は含まれていますが、紫外線をカットする顔料が含まれておらず日焼けや変色を防止できないため、クリヤーとしての単独使用はお避けください
12.キシラデコールやすらぎ(#120)やキシラデコールワイス(#114)は、ごみやほこりやカビなどの汚れが目立ちやすく、こまめに清掃して汚れの除去を行った後に塗り替えることをおすすめします
13.使用後のハケなどの後始末は、乾かないうちに油性塗料用うすめ液でよく洗って陰干ししてください
14.他の塗料との混合やシンナーなどでうすめると、キシラデコールの性能が著しく損なわれるので絶対に避けてください
15.本製品は屋外木部用です。屋内木部への塗装はお控えください。屋内木部に塗装する場合は、姉妹品の「キシラデコールインテリアファイン」をご使用ください
16.キシラデコールを2色以上混合して好みの色を作ることはできます。ただし、キシラデコールカラレス(#101)と混合して使用することは、耐候性が低下するためお避けください
17.新しい材は木の表面が高密度なため、標準使用量が塗布できない場合があります。そのため塗装面の劣化が早くなる可能性がありますので、木の表面をサンドペーパーなどで研摩し、塗布量を増やすか、早めにメンテナンスを行ってください
18.キシラデコールの塗り替え時期は、建物が建っている土地の自然地理条件、とくに気候と地形によって異なりますが、次のような状態になったときに塗り替えてください
(1):汚れが著しくなったとき
(2):退色が激しくなったとき
19.キシラデコールの1回目の塗り替えは2~3年後、以降は5年毎を目安として再塗装してください。ただし、18.に記載のとおり条件によって異なりますので期間を保証するものではありません

取扱い上の注意
1.廃棄の禁止(本剤及び洗浄液):下水、河川、池、湖沼、海、井戸、地下水などを汚染させるおそれのある場所へは廃棄しないでください
2.廃棄方法:空容器は他目的に使用せず産業廃棄物処理業者に依頼してください。また、塗装後に残った少量の塗料を廃棄する場合は、ボロ布や新聞紙などに吸収させて十分水に浸してから処分してください。なお、多量の場合は、産業廃棄物として、廃棄業者に依頼してください
3.漏洩時の処置:少量の場合は、ボロ布や新聞紙に吸収させて十分水に浸してから処分してください。多量の漏洩の場合は、流出の防止に努め、火気を避けてください。地下水汚染のおそれがある場合は、警察署・保健所などへ連絡してください
4.消火法:粉末消火器、泡消火剤、乾燥砂を使用してください
5.環境汚染
6.(1):下水、河川、池、湖沼、海、井戸水、地下水などを汚染させるおそれのある場所で使用しないでください
7.(2):臭いがありますので居住者、周辺の居住者に対して十分ご配慮ください
8.腐食:塩ビ製品(水道管など)、発泡スチロールなど(断熱材)にかからないようにしてください。かかったらすぐに洗剤で洗ってください。
9.家財汚染:塗装対象物以外にかからないようにしてください
10.食品、飼料汚染:食品、飼料などにかからないようにしてください。
11.混合禁止:他の塗料、薬剤などと混合しないでください
12.可燃性:火気、静電気、衝撃火花などによる着火源の生じないよう注意してください
13.自然発火:塗料を拭き取ったボロ布などは、自然発火のおそれがありますので、十分水に浸してから処分してください
14.水質汚濁防止法上の注意:薬液浸透施設を設置する場合は、都道府県知事に対し、特定施設の届出が必要です

保管・貯蔵上の注意
1.場所:食品と区別して、幼児・子供の手の届かない所に保管してください
2.方法:雨水、直射日光、高温・多湿、潮風を避けて保管してください
3.事故防止:盗難、紛失、流失などの事故防止に努めてください

検索ワード:屋外 着色 浸透 ラティス プランター トレリス 日焼け 刷毛 防虫 防腐

crisp_bioはCRISPRのオーラも念頭においた命名でしたが,2021年からは専ら,CRISPR技術の開発と応用ならびにSRAS-CoV-2/COVID-19に関する投稿になってしまいました.データベース,生物資源センター,マイクロバイオーム,タンパク質デザインを取り上げたいと思いつつ.

[出典] "COVID advances win US$3-million Breakthrough prizes" Merali Z (サイエンスライター). Nature 2021-09-09.  https://doi.org/10.1038/d41586-021-02449-y Breakthrough prizesは科学界では最高額(1件あたり300万ドル)の学術賞として2012年に創設され,現在,基 ... もっと読む
[出典] "Generation of an AKaluc knock-in human embryonic stem cell reporter line using CRISPR-Cas9 technology" Zhou M [..] Shan Y. Stem Cell Res. 2021-09-04. https://doi.org/10.1016/j.scr.2021.102532 中国科学院広州生物医薬与健康研究院の研究グループが,ル ... もっと読む
[出典] "CRISPR-Cas9 bends and twists DNA to read its sequence" Cofsky JC, Soczek KM, Knott GJ, Nogales E, Doudna JA. bioRxiv. 2021-09-07 [プレプリント].  https://doi.org/10.1101/2021.09.06.459219 Jennifer A. Doudnaグループが,クライオ電顕法で再構成され ... もっと読む
[出典] "A CRISPR/Cas Guide RNA Design In Silico Activity" Samsa LA, Andersen L, Groth A, Goller C. CourseSource 2021-08-20. https://doi.org/10.24918/cs.2020.46学生は遺伝子発現とCRISPR/Cas9の遺伝子ターゲティングに関する知識を総合して,最適なCRISPR/Cas9 gRN ... もっと読む
[出典] REVIEW "Applications and Advancements of CRISPR/Cas9 Technology: An Update" Okabe A, Simonse P, Reyes A, Nabipur L, Zaki M, Tirado C. J Assoc Genet Technol. 2021;47(3):110-120. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34491232/ UCLAのThe International Cir ... もっと読む

↑このページのトップヘ