1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

コンセック ハッケン M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L コンセック,ハッケン,M27ネジ,スタンダードワンコアビット,φ14.5mm×260L コンセック ハッケン M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L ハッケン コンセック M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L ハッケン コンセック コンセック,ハッケン,M27ネジ,スタンダードワンコアビット,φ14.5mm×260L

コンセック ハッケン M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L

コンセック ハッケン M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L
コンセック ハッケン M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5mm×260L
qSkVWc8O
10500円-30%-7349円











コンセック SPJ SPF用 湿式薄刃一体型ダイヤモンドコアビット
M27ネジ スタンダードワンコアビット φ14.5×260L

スパナ掛け寸法:32mm
適用コアドリル:SPJシリーズ、SPFシリーズ

外径 内径 穴あけ深さ
有効長
全長
14.5mm 7.5mm 260mm 311.5mm
※穴あけ深さにはチップの高さは含みません
※全長は新品時のチップの先端長です。



スタンダードワンコアビット 外径-内径 全長 穴あけ深さ
(有効長)
M27ねじ φ14.5×260L 14.5X7.5mm 311.5mm 260mm
M27ねじ φ19×260L 19.0X12.0mm
M27ねじ φ22×260L 22.0X15.0mm
M27ねじ φ25×260L 25.0X18.0mm
M27ねじ φ27×260L 27.0X20.6mm 313mm
M27ねじ φ32×260L 32.0X25.6mm
M27ねじ φ40×260L 40.0X33.6mm
M27ねじ φ52×260L 52.0X45.6mm
M27ねじ φ56×260L 56.0X49.6mm
M27ねじ φ65×260L 65.0X58.6mm
M27ねじ φ70×260L 70.0X63.6mm
M27ねじ φ75×260L 75.0X68.6mm
M27ねじ φ80×260L 80.0X73.6mm
M27ねじ φ90×260L 90.0X83.6mm
M27ねじ φ100×260L 100.0X93.6mm
M27ねじ φ106×260L 106.0X99.6mm
M27ねじ φ110×260L 110.0X103.6mm
M27ねじ φ120×260L 120.0X113.6mm
M27ねじ φ130×260L 130.0X123.6mm
M27ねじ φ150×260L 150.0X143.6mm
M27ねじ φ160×260L 160.0X153.6mm
M27ねじ φ180×260L 180.0X173.6mm
M27ねじ φ200×260L 200.0X193.6mm

FC2ブログ

2020/2/15
他のサイトで、工具鋼についてもう少し詳しく書いています。お時間があればご覧ください。
工具鋼について


マーシーです。

ここでは、工具に使われる工具鋼について述べます。

ドリルなどの刃具に用いられる鋼を工具鋼といいます。工具鋼には炭素工具鋼、合金工具鋼、高速度工具鋼の3種類がJIS規格で決められています。


続きを読む

ねじの緩み 忘れたらアカン ものづくり

マーシーです。

ここでは、ねじの緩みについて述べます。

ねじは締付けた直後は、予張力が発生しています。しかし、機械の使用中に様々な原因で予張力は減少します。予張力が減少した状態を、ねじが緩んだといいます。

ねじの緩みは、2種類に場合分けされます。一つはねじが戻り回転しない場合、もう一つは戻り回転する場合です。以下に、緩みが発生する色々な原因について示しますが、(1)~(5)はねじが戻り回転しない場合の緩み、(6)~(9)はねじが戻り回転する場合の緩みになります。

tag : ねじ,許容面圧,座面,再結晶温度,

溶接のおける残留応力(residual stress)と変形(deformation) 忘れたらアカン ものづくり

マーシーです。

ここでは、溶接のおける残留応力と変形について述べます。

溶接によって、材料は局部的に吸熱、急冷されますので、吸熱時の高温での塑性変形、冷却時の収縮、場合によっては相変態が生じます。これらにより残留応力や変形が生じます。

◆残留応力の低減
溶接部の残留応力は、悪い影響を及ぼす場合が多いので、なるべく少ないのが望ましいです。溶接加工にあたっては、収縮力が大きい継手を先に溶接して、十分に収縮させてから次の溶接を行います。

また、溶接前に十分な予熱を行っておけば、溶接部の冷却速度が遅くなるので、残留応力を防ぐのに有効です。残留応力が残る場合、これを緩和する方法としては以下のものが考えられます。
(1)応力除去焼きなまし(SR)を行います。
(2)低温応力緩和法(溶接線の両側を、約200℃に加熱した後急冷します)を適用します。
(3)ショットピーニング等を施工し、溶接部表面を機械的に変形させます。

いずれの場合も残留応力が作用する部分に、塑性変形を起こさせることにより応力緩和を図るものです。

◆溶接変形の低減
溶接による変形を少なくする方法としては、
(1)外的な拘束を与えて溶接。
(2)あらかじめ変形量を予測して、その変形と逆の変形をあらかじめ与えておいて溶接(逆ひずみ法)
(3)開先を考慮するなどして、溶接部に与える熱量をなるべく少なくかつ均等になるようにする。
などの方法があります。




Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード